イクパパ Life

三児のパパが家族に子育てに、仕事に趣味を謳歌する方法を模索するブログ

子どもと関わる資格 興味関心ランキングTOP3

みなさんこんにちわ。イクパパLifeです。 一応資格好きとして、国家・公的資格を中心に資格を取っています。取ったからといって仕事を変えるわけではありませんが、その業界の仕事が知れるのは面白いです。今日合格発表の簿記2級は撃沈しましたが、今後の個…

家電・家事代行は「手抜き」「サボり」になるの?

なんかどんより嫌な天気。洗濯も乾かないし、ジメッとキノコが生えそう・・・。 イクパパ家では新たな取り組みとして、夏に大掃除をしようと計画しています!理由は様々ですが、単純に年末は忙しくて休めないし、帰省しないと行けないからです。でもできれば…

赤ちゃんがうつ伏せ寝が好きな理由 SIDS予防のわけとは

いつも元気なイクパパです。 このフレーズを知ってる方は、きっとNow子育て中でしょう。一旦介護情報は置いといて、HOTな話題に移りたいと思います。 うつ伏せ寝は寝返りの過程で必ずしも通る道ですが、保育園では大抵修正されます。そう、乳幼児突然死症候…

介護の舵取り役 介護支援専門員

突然の病気、加齢による機能低下で介護を要する方の人数は、ここ数年上がり調子。これから高齢化社会の中で、さらに増えて行くことが予測できますね。そこで活躍が期待されているのは、介護支援専門員(通称:ケアマネ)ではないでしょうか。まさに介護の舵…

介護保険申請は入院中に!病院リターンリスク

私のブログは、結構いろんな年齢や性別、職業の方が見てくださっています。いつもありがとうございます。ですが、介護系の記事を書き始めたらググッとアクセス数が減少。一概には言えませんが、「まだ知らなくても」「興味ない」方が多いのか、私の書き方が…

介護の始まりは突然に 介護が必要になる3つのパターンとは

『介護なんておじいちゃん、おばあちゃんが受けるものでしょ。』 そんなふうに思ってるあなた、今時そんな考えでは痛い目をみますよ?なんせ20~40代の3割の方は、自分の親の介護をしている現状なんですから。 www.ikupapa.jp いつ、どうやって介護になるか…

45歳未満で3割越え 介護と育児の両立時代到来

いつもご覧いただきありがとうございます。最近ちらほらweb検索も増え、今後とも頑張っていきます。 オールアバウトの「親の介護に関するアンケート調査」を見ていたら、見過ごせない内容がズラリ。なんと20~40代で親の介護をしている家庭が、30%以上とい…

にっくきとびひ 頭・耳から変な液体が

こここのとびひは、連日の処置や保湿、お風呂の入り方などで完治!それから皮膚のトラブルはなく来れていて、ホッと一安心。だったけれど、今度はいーちゃんが・・・・。やっぱり姉妹ともに皮膚が弱いのか、はたまた免疫の問題なのかとびひが治らない・・・…

虐待の根強い闇 誰でもなり得る虐待の対策法とは

高齢者ドライバーの事故に匹敵するくらい多い子供の虐待ニュースは、「なんでそんなことするんだろう。」と思うことでしょう。私もそのうちの一人ではありますが、虐待に至ってしまう気持ちもわからなくはありません。相談、相談といっても動かない行政、確…

若年離婚、熟年離婚が増える原因をちょっと考えてみた結果

平成29年度には、3組に1組が離婚をしているというではないですか。最近友人や講義行く中で、離婚をした方や離婚を考えている方によく出会います。離婚の原因は様々だとは思いますが、私が今まで聞いた限りの中で少し考えてみます。 浮気などの不貞行為は…

パパが育児に積極的だと生産性が上がる3つの理由

あまり育児に対して「生産性」とか使いたくないけれど、現世のパパを動かす動機付けになればと思います。 「残業時間カット」「有給義務化」「終身雇用制の廃止」家計にも家庭にも打撃が大きそうなニュースが、ひっきりなしに飛び交っています。今まで労働時…

一年ぶりの保育参加 我が子の成長にただただ・・・

去年2歳児の保育参加に行った時は、いーちゃんを抱っこして、こここと製作して。いーちゃんが泣いて大変だった記憶しかなく、ちょっと心配な気持ちで行きました。 今回の保育参加は、正直ビックリの一言。我が子ながら、成長が早くて嬉しいような、ちょっと…

内科「妊婦なら産婦人科に行ってよ」、産婦人科「風邪なら内科行ってよ」

これだけは、どうしても言いたい。 医者の都合で、妊婦をたらい回しにするんじゃない。妊婦が診れないなら、張り紙でもしたらいいんだよ。 ふーちゃんのときに妻が風邪を引き、内科に受診をしたら「妊婦ならかかりつけの産婦人科で診てもらって。」と言われ…

大人も子どもも寝ることで解決することが多々ある現実

『嫌なことがあったら寝て忘れる』 私も含め、多くの方が経験あるこの手法。一方では、寝ることで記憶が定着されてしまい、余計にストレスだとも言われています。でも、科学的に睡眠による癒しの効果も実証されていて、どっちが正しいのか。 ただ現実として…

【前日続編】看護師パパが勧める先に食べたい居酒屋メニュー3選

昨日ご紹介した、お酒重視の肝臓・腎臓に優しい居酒屋メニュー引き続き、ご飯重視の方向けを掲載します。 www.ikupapa.jp 居酒屋メニューって美味しいですよね!ついつい箸が伸びてしまう、あの魅力的な味。ただ、美味しい裏側には相応のリスクも伴うもの。…

【今日から実践】看護師パパが勧める先に食べたい居酒屋メニュー3選

「新年会」「歓迎会」「納涼会」「同僚との飲み会」 仕事の付き合い、友達との付き合いで、連日連夜飲み会。少しずつモラハラだったりで、減ってはいるんですが・・・。断るわけにはいかない!まだ若いから大丈夫。10年後のあなたの体は、どうなってるんで…

発達障害という言葉の浸透 子どもの成長が気になるパパ・ママへ

3歳半の長女の体力がさらに増して、夜なかなか寝付けないことに悪戦苦闘なイクパパLifeです。 この間3ヶ月前にして、早くもふーちゃんが寝返り開始。さらには手が前に出るという“ハイハイ”の仕草も!?ちょっと早すぎじゃないかと、それはそれで心配ですが…

子どもの虫さされは侮れない 「ただの虫さされ」にご注意を

梅雨に入ってきそうな今日この頃、夏も本格的にやってきそうですね。 衣替えは終わりましたか?うちはなかなか進まず、洋服入れがまだ出しっ放し。手をつけようにも、どうも手をつけられないものでした・・・。 薄着になると、日焼けの次に嫌なのが「虫ささ…

大人だから怒られない 子どもが感じる不条理3選

いつもご覧いただきありがとうございます。 皆さんは子どもの時に、なんか大人ってずるいなと感じたことはありませんか?私は結構感じることがあって、なるべく自分が子育てするときはしないように心がけてます。だって、大人だってダメなことはダメなんです…

歯磨きのイヤイヤ期 我が家でやった乗り切るための3つの方法

「歯磨きは大切なこと」ということは、大人なら誰でも知ってますし、子どもも耳にタコができるように言われているでしょう。歯磨きは確かに大切ですが、なぜ大切なんでしょうか。虫歯になるから?痛いから?口が臭くなるから?上げようと思えばいくらでもあ…

プロテインを飲みましょう! 知識不足がもたらす最悪のシナリオ

『海で体を見せるために、頑張ってダイエットしなきゃ』 これからの季節、体を見せることやラインが見える機会が増えてきます。そのために、以前から又これからシェイプアップ、筋トレをする方は多くいるでしょう。でも短期間でシェイプアップは難しく、『結…

子どもを叱る前に見直す 親の行動3選

仕事でも家でも、人を叱るって体も心も体力が必要ですよね。しかも叱り方によっては、叱った方が悪いって言われることまでも。かといって、そのまま見過ごすわけにもいかず、頭を抱えてしまいます。 『子どもはやんちゃばかりで、毎日叱ることがたくさん。』…

見落としたカビで命も落とす 夏型過敏性肺炎を見分ける3ステップ

ようやく梅雨が近づいてきて、いやーな季節がやってきました。 暑いのか寒いのか、カラッとするのかジメッとするのか。 それに『日傘男子デビュー』って周りに言ったのに、晴れ間がない。 晴れ雨兼用だから、雨傘の折りたたみとして使おうかな。 梅雨の時期…

親育てが重要な理由 誰が親育てをやるべきか

世間では、虐待のニュースが多く見られています。なんとも辛いニュースに目をふさぎたくなりますが、これが現実なんです。 www.fnn.jp 確かに一番可哀想なのは虐待を受けた子どもですが、虐待をした親が絶対悪なんでしょうか。私は親になる教育の機会減少と…

子どもが息をしていない すぐに実践パパ・ママ心肺蘇生法

暑さが少し和らいだのか、曇りは涼しい日も見られますね。 梅雨が来ても気温が高いと、ジメジメ・ムシムシで辛そう・・・。 心肺蘇生法 息が止まっている時や心臓が止まっている時に、発見した人が行う助ける方法 『こんなことやる機会なんて』ないのが一番…

子供が落ちた後の対処法 場合によっては一秒が左右することも

暑さ厳しい毎日ですが、外出するにもいい天気ですね。 さらにアウトドアなんかは、今くらいが一番いい季節かもしれません。 いつもご覧いただきありがとうございます。イクパパLifeです。 ジャングルジム、滑り台、平均台など、公園にありそうな遊具。 高め…

父親の育児参加考え方次第 仕事の位置付けが家族のためは言い訳か

同世代のパパやママと話しをする機会が増えたこの頃。 なかなか、考え方の違いは仕方ないこともあるのだが。 このまま平行線では、絶対育児参加は無理だなと納得できました。 きっと、パパの仕事が育児と同列にされている限り本当の育児参加は難しいと。 家…

子どもが頭を打った!受診が必要な6つのサイン

子どもの数ほど、ドラマがある。 みなさんこんにちわ。イクパパ Lifeです。 うちの三人も経験しましたが、子どもが頭を打つことありますよね。 寝返りを始めたとき、立ち始めたとき、歩き始めたとき、それ以降も。 『頭をぶつけた!病院にいかなきゃ!』 不…

【育児記録】我が家の団欒 の巻

イクパパ Life Familyのお話をお届け。 登場人物 パパ ママ こここ いーちゃん ふーちゃん とある日の夕方 17時 保育園お迎え 18時 パパの帰りに合わせて準備 18時半 パパ帰宅 〜入浴中〜 20時半 リラックスタイム 21時 寝る前の振り返り 幸せの形…

『鼻が出るので、病院に』 年がら年中薬飲まなきゃじゃない?

みなさんこんにちわ。 イクパパ Life をご覧いただきありがとうございます。 いーちゃん(二女)が大きな鼻ちょうちんを作りました。 最近の気温の変化や帰省などもあり、体調が優れないようです。 子どもの体調不良は、どんなに頑張って予防してても難しい…